『刑事事件』の相談なら【弁護士法人心 名古屋法律事務所】

刑事事件サポート

示談を進めたい

他人を殴って怪我をさせれば傷害罪となり,また,他人が占有している物を勝手に持ち去れば窃盗罪になります。

傷害罪や窃盗罪のように,被害者が存在する刑事事件では,被害者との間で示談が成立しているかが刑事手続の処分の判断において重要です。

被疑者が,被害者と示談が成立していることは,早期の釈放につながる事情の一つになります。

仮に起訴され有罪となった場合でも,示談により被害回復がなされたことは,量刑を軽減する事情として,裁判官に考慮されます。

しかし,いざ被害者と示談をしようと思っても,具体的にどのように行えばよいか分からず,お困りの方もいるかと思います。

当事務所にご相談いただければ,早期に被害者との交渉の場を設け,示談交渉を進めていきます。

示談が成立した場合には,裁判で証拠として用いるため,示談書を作成します。

仮に示談不成立となってしまった場合でも,被疑者・被告人側が誠意を尽くして,示談交渉を行っており,量刑上,考慮すべき事情があることを裁判所に主張していきます。

示談でお困りでしたら,是非,当事務所にご相談ください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ